社会人の副業アフィリエイトは割に合わない?生計を立てるなんて無理!!

アフィリエイトの月収は、微々たるものになるので、かえって現金化するのは不利益を被るくらいです。実際、振込手数料まで引かれたら、アフィリエイトの収入がなくなるくらいであるので、儲けは見込めません。

それに、振り込みをアフィリエイト会社に頼むとしても、一カ月単位では割に合わない事も多く、まったくもって、意味のない形になります。一応勉強はHTMLの辞典などでやってみました。

社会人がアフィリエイトで稼ぐのは無理だと思う理由とは?

アフィリエイトと言うのは、サイトのカウント数を基に割り出せる予想数値と言うものがあります。つまりサイト訪問者に対して、どのくらいのクリック率で誘導できるかは、アフィリエイト会社は解っているのです。これは、優良サイトや、他のサイトがあったとしても、だいたい率で決まっています。

なので、一日当たりのサイト訪問者カウント数で概算は出ます。

ただし、1クリック辺り微小な金額がアフィリエイトからの報酬になりますので、これで生計を立てるというのは不可能です。

アフィリエイト会社は、その微々たる広告料の原資から、おおくの、アフィリエイト契約者を集めて、薄利多売の事業をやっている訳です。

その、下に入るというのは、実際は、下請け程の仕事にはなりません。

サイトの一部分を使用させて、これっぽっちであるなら、辞めた方がいいです。そして、サイトの管理者がデザインにこだわっているのであれば、ある種、アフィリエイトの広告内容は選べない仕組みがほとんどであるので、サイトの外観上あまり、得手には、思えません。

アフィリエイトで言わんとすることは、まるで、儲かるような話ですが、基本的にインターネットは、フリースタイルで、構造と構築がなされています。なので、ネットフリーの閲覧状況では、アフィリエイトと言うもので、稼げる仕組みはないのです。

つまり、広告産業に置いて、アフィリエイトがなんらかの効果を発するのは、インターネットモールの中の母体企業が自社の為に出すような、広告占有率の場合がほとんどです。

そして、1クリックから一般視聴者が、購買によってそのマージンがお金によって動くわけですから、そのクリッカーの流れの読めていないサイト管理者は、まったくもって、かもにされているか、詐欺に近い商法に合っているに等しいと言えます。

アフィリエイトを始める前に知っておいた方が良かったこと

アフィリエイトをやる前に知っておくことは、一般のインターネット広告に、広告主がいくら払っているのかと言う相場であったり、そのアフィリエイト金額の広告費にどのような競売システムが存在しているかと言うことです。

実際、大手のインターネット広告業態では、その一般的な相場が、他の市場の広告料の相場まで決定するような響きがあります。

アフィリエイト自体は、それほどあたらしい産業構造ではないですが、実際の全体相場としては、上限は解っているのです。

人は、クリックするのに、タップも含めて、それほど労力を払いたくはないのです。

そして、テレビジョンなどで、自動的に広告性能のたかい、CMが流れたりすると、そちらの方が、伝統的な広告業として規模の違いは明らかです。

社会人がアフィリエイトをやる時の考え方

アフィリエイトは、儲からないのが定説です。そして、インターネットのサイト管理として、そのサーバー運営費の形状まで見積もると、どうしても、その元を回収するとは言えないくらいの、微々たる金額の移動になります。

なので、サーバー費用をちょっとでも、回収すると言った、多くを損しないような、そのような消極的な動機でアフィリエイトに参加した方が良いでしょう。

つまり、労働無しにインターネットオープンでお金が入ってくること等、蜃気楼であり、あえてそのようなアドバタイズを繰り返しているアフィリエイト業者の方が、詐欺商法に近い広告があるのではないでしょうか?

なので、無労働で働けるようなそのような広告は控えるべきです。実際、アフィリエイト会員登録などで、個人情報がどう扱われるかわかりませんし、日本国内においても、海外からのサーバーからアフィリエイトが来ている場合には、そのアフィリエイト内の法律規制と言うものが利きにくいことがあります。

サイトデザインとしても、またそのアフィリエイト広告料に関しても、不透明な部分が残る場合には、ちゃんとした信頼の置けるアフィリエイト業者を選ぶべきです。

結局、業者間取引のはなしになりますが、割に合わないものがほとんどですので、やめたほうがいいです。

アフィリエイト以外で効率よく稼げる副業は?

アフィリエイト以外のチャレンジ精神が必要なものと言えば、ポッドキャストのような、音声録音の配信があります。

これは、動画作成よりも便利であり、旧来のラジオの概念とは一種替わった仕組みになります。
ストリーミング再生でも、ダウンロードでも、無料にしておいて、そのアフィリエイトの広告なしに、サイトのカウント数を取る事で、自社の広告率を上げるのです。

ビジュアルで、サイト画面がゆがむ必要はないですし、実際、音声に有効情報が入っていれば、そのカウントするサイトの相互間クリックで、知名度は上がります。

つまり、広告自体をヴィジュアル化しないという仕組みに変えるのです。

そして、DL系で、入ったとしても、それはブラウザによるブラウザシーイングであれば、あえて、有効的な画像や、音声による、DL欲求により、サイト知名度を上げる事が可能になります。

つまり、サイト閲覧者のウォントを利用した、自社のアクセス数アップの技術です。

そして、サイト運営がコム形式であれば、本業の購買業態により、本業の売り上げを上げればよい仕組みになります。

つまり、ウォントからの、口コミネット戦術に入れば、自社のサイトのカウント数のみならず、DLの内容によっては、客層すら選べるのです。


最新情報をチェックしよう!
広告