サラリーマンの掛け持ち副業と副収入ブログ!本業より稼げるアイデア紹介

サラリーマンでも副業の掛け持ちをしながら本業よりも稼いでます。1000万越えをさせるためのアイデアやネタを紹介します。

サラリーマンが副業バイトに受かるためのコツ

副業バイトに受かるためには面接、そして履歴書の書き方が大切になってきます。
特に履歴書は大きな意味を持ちますのでしっかりと書き、企業に良い印象を持ってもらえるように心がけましょう。

 

副業バイトでも履歴書の書き方は変わりません。


それぞれの欄をしっかりと正確に記入しましょう。


パソコンで入力し印刷する方法もありますがやはり手書きがおすすめです。
日本では現在でも手書きの履歴書を重視する傾向がありますので特別な理由がない限りはパソコンでの入力は避けるべきです。

f:id:nihongo1000:20121110145312j:plain


副業バイトで特に重要な項目は志望動機欄と本人希望欄の2つです。

志望動機についてはそれぞれ理由があると思いますが基本的にはそれを正直に書いてしまってかまいません。


副業バイトを始める場合、そのほとんどが本業の収入だけでは足りないことが理由になるでしょうかなぜ足りないのかを書き、同時にやる気をアピールします。


履歴書の中や面接時にお金の話をすることに抵抗を感じるかもしれませんがやる気をアピールできればそれでいいので特に問題ありません。


むしろ、お金をもっと稼ぎたくて副業バイトをしようと考えるのはやる気に繋がります。

本人希望欄については働ける時間、曜日、本業の影響で急にバイトを休んだりすることがあるのかどうかなどを書いておきましょう。

 


相手としてもいつ、どのくらい働けるのかわからないと採用のしようがないのでこれは非常に重要です。

 


土日だけなのか、夜間しか働けないのか、本業の方で急な残業や出張が入ってしまう可能性があるのか、これらを履歴書でしっかり伝えておけば採用される確率は高まります。


本業がある以上どうしても働ける時間は限られてしまいますがその時間の中でしっかり働くつもりがあることを知ってもらいましょう。

 

面接は一般的に言われていることに気を付けておけば大丈夫です。


すでに本業を持っている社会人の場合、社会人としてのマナーは十分備わっているでしょうからその意味では有利です。


履歴書でも書いていますが改めてやる気をアピールし、相手から聞かれたことにははっきりと答えます。


また、履歴書で書ききれなかった希望や本業との兼ね合いにおける伝達事項があるなら面接時に伝え、お互いに状況を把握しておくようにしましょう。


明るく爽やかな印象を持ってもらうことも必要ですので、たとえば本業の収入が下がって副業バイトを始める場合も本業のことを悪く言うようなことはしないようにしましょう。